NEWS

防火設備定期検査及び既存住宅状況調査業務について

旭川近郊及び道北において下記業務を行っております。

■防火設備定期検査
平成30年度から防火設備(火災時、自動的に閉鎖される防火戸・シャッターなど)の詳細な調査が、一部の建築物にて義務化されました。
上記の調査及び報告書の作成業務を行っております。

■既存住宅状況調査
講習を終了し、講習実施機関が公表している者による
【長期優良住宅化リフォーム推進事業】
【宅地建物取引業法の改正】
などに必要な既存住宅状況調査を行っております。


Top